明日の日本音楽集団定期演奏会のホールリハーサルも二日目♪「子供のための組曲」長澤勝俊版にて津軽三味線で演奏します!どうなることやら…今日のリハーサルで最終フレーズが決まりました(^o^)明日の本番まで中身は内緒☆楽しみたいと思います!

邦楽・現代邦楽・和楽器・オーケストラ・アンサンブル「日本音楽集団」の第219回定期演奏会が今月の19日に開催され、「家元」が出演致します♪
チラシ表
和楽器のオーケストラによるコンサート☆ご興味がありましたらぜひご来場ください♪

【チケット申し込みは、三山(電話042-493-5345)、もしくは直接、宗家・家元先生まで!】
チラシ裏
***以下、HPより抜粋*******************

日本音楽集団からの「5つのメッセージ」
 第219回定期演奏会《 子どものための組曲 》

●日時/2016年 11月 19日(土) 13:30開場、14:00開演
●会場/第一生命ホール(晴海)●チケット/¥4,000(全席自由)
●プログラム
(1)長澤勝俊作曲 「子供のための組曲」 1964年/指揮:稲田康
(2)篠田大介作曲 「子どものための組曲」2015年/7名編成(笛・尺八・三味線・琵琶・二十絃・十七絃・打楽器)
(3)福嶋頼秀作曲 「子どものための組曲」委嘱初演/指揮:苫米地英一
(4)高橋久美子作曲「子どものための組曲」委嘱初演/7名編成(笛・尺八・三味線・琵琶・二十絃・十七絃・打楽器)
(5)秋岸寛久作曲 「子どものための組曲」委嘱初演/指揮:稲田康

●5つのメッセージ/
 1964年日本音楽集団の第1回定期演奏会で初演された「子供のための組曲」に、長澤勝俊は次代を担う世代に向けたメッセージを込めましたが、それは長澤勝俊の文章に登場する書店のエピソードのように「ほんとの子ども」だけでなく「大きくなった子ども」にも向けられたメッセージでもあったに違いありません。
 広く社会にメッセージを送り続けるその意志は、NPO法人となった現在の日本音楽集団にも継承され、若手の育成事業や色々な地域で展開するアウトリーチ事業などに反映されています。
 今回の定期では、長澤勝俊の「子供のための組曲」と共に、篠田大介・福嶋頼秀・高橋久美子・秋岸寛久(プログラム順)の4名の作曲家による4曲の《子どものための組曲》をプログラミングし、全5曲で構成しました。
 長澤勝俊のメッセージから半世紀、篠田・福嶋・高橋・秋岸版《子どものための組曲》を、次に向けた日本音楽集団からのメッセージとして発表する第219回定期演奏会にぜひご来場下さい。
皆さまのご来場を、心よりお待ち申し上げます。