3734a1d8.jpg今日のスタジオでのレコーディングは太棹♪

昨年末にもやったのですが、某舞台での音源用に、何十人もの合奏のように聴こえるように…二人で何度も何度もダビングを繰り返しました(^.^)♪

全く同じにピッタリに演奏したのでは、たくさんの奏者の感じにならないので、毎回少しずつタッチやニュアンスを変えてレコーディングして見事に分身の術の完成〜☆

ちょっと遅れたり、ちょっと早かったり、つたない感じやヘタ旨(?)な感じ…など表情をたくさんつけて弾くことで、とても勉強になりましたし楽しかったぁー♪